働く理由がそこにある 仕事って、やっぱり楽しい:社会医療法人河北医療財団 多摩事業部介護職員山﨑さん

働く理由がそこにある 仕事って、やっぱり楽しい

介護職員 山﨑さん

50代で未経験から介護職をスタート
介護福祉士の資格取得が目標です

あい介護老人保健施設で介護職員として働く山﨑さんは、4年前にまったくの未経験から介護の仕事を始めた。

「以前は社会保険事務所に勤めていたのですが、そこが閉鎖することになって。ちょうどその頃、義理の母が介護を必要とするようになっていたので、この仕事を始めようと思いました」

とはいえ60歳の手前で未経験からのスタート。不安はなかったのだろうか。

「体力面で心配はありましたが、利用者さまと接していると不思議と元気になれるんです。それにミスをして悩んでいたときに、上司が『明日いい仕事ができれば帳消しだよ』と励ましてくれて。よい仲間にも恵まれています」

現在約20名の方の介護を担っている山﨑さん。4年経った今も日々勉強であると話す。そんな彼女だが、今は将来のために資格取得に向けて励んでいる。

「会社も資格取得のためにバックアップしてくれるので、早く介護福祉士の資格を取得して、仕事の幅を広げ、より良い介護ができるよう努めたいです」

■プロフィール
介護職員
山﨑さん (62歳)

勤務歴約4年。4人の子どもを育てた。休日は孫の世話や友人とランチにでかけリフレッシュしている。

介護職員 山﨑さん

■DATA
社会医療法人
河北医療財団 多摩事業部

東京都多摩市

☎042-374-7168

高齢者が最期まで住み慣れた地域で暮らし続けるために、疾病予防から日常の療養支援、入院・入所、終末期の在宅医療まで幅広いサービスを提供。
(取材先/あい介護老人保健施設)

社会医療法人